介護 介護福祉士

介護福祉士の転職を成功させる

投稿日:2018年12月14日 更新日:

介護福祉士の転職を成功させる

人材不足と日本の未来

高齢者が増加する一方、すべての業種で人材不足になりつつあります。

その反面、AIによって人手不足を解消してくれる時代にもなっています。しかし、AIでできることと、人がやることでは、やはり人しかできないこともたくさんあります。

その一つが、介護福祉士です。

2025年に向けて介護界はとても改革を迫られます。この2025年までに改革をしていかなければ、国の財政難、また仕事と介護の両立悪化、介護に時間がとられ仕事に行けない人の増加が懸念され、ますます人手不足の予測がされております。

少子化にともない、両親を見るのは、女性だけ(娘)ではありません。40代、50代の日本を支える中間層の男性も介護に追われることになっていきます。

最善策はなにか

男性も女性も、介護に追われてしまえば、会社勤めの正社員が難しくなってしまいます。そしてそれに伴って、収入が減れば、暮らしがつらくなり、最後には自らの手でこの世を絶たなければなりません。

ここから目を背けてはダメでしょう。介護に追い詰められ、自殺・他殺が増えてきております。特に高齢者が高齢者を介護する場合です。介護をする側も高齢であり、心身ともに疲れ果ててしまうことは明らかです。

しかしヘルパーなどを頼む金銭的な余裕もなく、暮らしそのものが辛いだけの日々になってしまいます。人として生きることが、この介護によってままならない現状は、世界各国をみて、日本が最先端におかれているのではないでしょうか。

寿命が延びる一方、すべての国の高齢者国として、今、何をしなければならないのか本気で考える必要があるように思います。

しかし、これは1人が頑張ってもままならないものです。介護問題について声を掛け合い、最善策を模索するのも国民の務めなのかもしれません。

介護福祉士は宝

今後、介護福祉士は、日本にとって宝物になっていくことでしょう。AIではどうすることもできないのも事実でしょう。介護のスキルが日本の介護を支えるのであれば、支えれれた家族は、正社員として自信をもって仕事に当たれるでしょう。

正社員として、自分のやりたいことができるのも、介護の仕組みがあるからに他なりません。

だからこそ介護福祉士は、特に重宝されていくに間違いありません。

介護福祉士として良い施設に就く

介護福祉士が不足している分、施設はとても欲しい人材です。そして、あれよこれよで求人を出しています。

介護福祉士は、施設を選ぶ権利があります。どの仕事でも同じでしょうが、相性は必ずあります。施設長との相性もそうですが、スタッフや施設の雰囲気も、やはり相性があります。

では介護福祉士が良い施設に就くためにはどうすればよいのでしょうか。

施設の面接時にスタッフと会話をする

施設の面接を受ける場合、施設長や人事が担当する場合がほとんどだと思います。しかし、介護福祉士が不足している状況で面接に来ていただけるのならば、のどから手が出るほど欲しいものです。

よって、良いことしか話さない場合もでてくると思います。

そんな時は、ここで働く人たちと会話させていただいても良いですか、と聞いて現場で働く人たちとコミュニケーションをとると良いでしょう。

そうすることでその施設との相性を確認することが出来ます。

業務内容が明確であるか

転職してからこう思う人も多いと思います。「思っていたところ違っていた」「仕事内容が違っていた」など。

面接官との面接において、業務内容を必ず聞くと思います。ポイントは、業務内容が明確であるかどうかを判断してみましょう。

どんどん深堀して聞いてみましょう。もごもご回答が不透明である施設は、あなたが入社したときに違いを感じる施設である可能性が高いです。

スタッフと利用者様が笑っているか

面接のときに、見学をさせてくださいと必ず言ってください。そして、スタッフや利用者様の顔を観察します。

スタッフの皆さんは、生き生きとしていますか。笑顔が出ていますか。無表情ですか。仕事に追われて必死な感じがしますか。

利用者様は、笑っていますか。いやいや施設に来ている感じがしますか。孤独になっている人はいませんか。

施設見学では、スタッフと利用者様の見学を心がけてみましょう。

スタッフへ挨拶

施設見学の時に、スタッフへ挨拶をしてみましょう。反応が悪い、反応がない、愛想がない、声のトーンが低い、暗い、など挨拶からの反応を見てみましょう。

挨拶のできない施設は、暗くて仕事に追われているブラックな施設かもしれません。

欲しい給料は

なぜ転職をするのでしょうか。

・人間関係で転職

・仕事内容で転職

・給料で転職

さまざまな要因があるかと思います。

でもやっぱり気になるのが給料ですよね。介護福祉士として自信を持ち、胸を張って仕事に打ち込むためには、それなりの給料は欲しいですよね。

しっかりと自分の欲しい年収を明確にして面接に向かってください。

ハローワーク、インディード、求人ナビなど

転職サイトというのがたくさんあります。それに登録をするのも良いでしょう。ハローワーク、インディード、求人ナビなどがあります。

そこで情報をたくさん集めてみましょう。

しかし、情報サイトの情報は、はやり良いことだけの記入と、現場での業務内容の違いが出てしまいます。

転職サイトで情報収集は良いですが、そのうえで地元の転職会社へ赴き、直接情報を聞くことをお勧めします。

地元の声

なによりも施設に関わっているスタッフや利用者様と直接会話するのが一番でしょう。または、人材派遣会社、人材紹介会社など、人材の会社に行って施設の情報をもらうのが一番でしょう。

あなたがブラックな仕事につかないようにするためです。

介護福祉士が生き生きと仕事に就けることが、日本の未来に大きくかかわっているのですから。





2019年「転職 時期 占い」
~九星グラフで転職の時期が分かる~
今だけ無料登録3秒
line://ti/p/@nem7862p

豊橋市 | 転職なら(株)VITA

働いてみたい時間、曜日、日数をご相談ください。インターネットでは分からない情報もたくさんあります。

無料であなたにぴったりの仕事をご紹介します。

-介護, 介護福祉士

Copyright© 「介護職紹介」専門の会社 - 豊橋市 | 転職なら(株)VITA , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.